警備員はカードローンでキャッシングってできるの?

金融機関や商業施設、工場、また道路工事や建設現場などで働く警備員というのは、様々なトラブルを未然に防いだり、万が一の時にはそのトラブルに対処しなければいけません。

決して大袈裟なことではなく、時に体を張って何かを守らなければいけないこともあるワケですから非常に重要なポジションと言えます。

そんな警備員には、警備会社に正社員として雇用されている人やアルバイトなど、いくつかの雇用形態があります。

どのような雇用関係かはわかりませんが、もし貴方が警備員の仕事をしていて現金が不足してしまった時、消費者金融や銀行系カードローンなどの個人向け融資を受けることが出来るのでしょうか?

お金を借りるために借入審査を受け、無事に審査通過通過することでキャッシングカードが発行され、いつでも各社ATMや提携ATM、もしくはインターネットキャッシングといった方法でお金を借りることが出来て大変便利なのですが、警備員でも借りれるのか心配です。

まずカードローンというのは、業種や雇用関係は問わず、安定した収入があり年齢が満20歳以上でしたら誰でも申込みをすることが出来ます。

このことからもちろん警備員でも全く問題なく、一般的なサラリーマンなどと同様に、審査に通過することで即日借入が出来ます。

ただし信用情報に傷が付いていたり、消費者金融でしたら年収額の1/3以上となる場合、キャッシングは出来ませんのでご注意ください。

そして同じ警備員であっても、カードローンというのは継続的な安定収入が必要となるため、日雇いの短期では審査通過が難しくなります。

それでも確実に借りられないというワケではありませんので、まずは実際に気になる大手カードローンへ申込みしてみることをオススメします。

審査は確かに甘くは無いですが、警備員という理由で断られることは一切ございませんのでご安心ください。

間違っても最初から大手では借りられないと諦めて知名度の低い中小サラ金を利用したり、違法の闇金利用は避けましょう。プロミスの収入証明